家電売場 アルバイト

家電売場のアルバイト

学生時代にしたアルバイトはひとつだけ。百貨店の家電売場に立つだけの仕事内容だった。
母のつてで紹介してもらったバイトで、特に販売トークなども一切覚える必要はなく、ただ、立っているだけでも万引き集団の万引き防止対策になるということだったので、仕事としては楽だったと思う。売場の女性はなんとなく冷ややかな感じだったが、男性社員さん達はとても優しく、本当に良くしてもらった。
毎日特に何事もない日々だったが、販売というのは立ち仕事。夕方ぐらいになるとかなり足がむくみ、立っているのが辛かったのを覚えている。
それに特に接客をするわけでもないので、ずっと何もせずに立っておくというのも退屈だった。それでも私が居た意味は少しはあったのかな、と感じた出来事もあった。
ある日、高校生ぐらいの5、6人ぐらいの集団が入ってきたが、あらかじめ母の友人だった女性店員さんから「万引き集団が最近よく来るから、注意して見張っててね」と言われており、マークしていたら、こちらの視線に何もできないと感じたのか、すごすごと退散していったのだ。彼らがそれ以来来ることもなかったし、万引き被害も出なかったのだけは少しだけ貢献できたのかな?と思える。
残念だったのは、最終日も近い頃、お客様からの電話を受けてよく確認もせずに案内してしまったこと。そしてもう一つ、「このパソコンを倉庫に運んでおいて」といわれた商品をカートから落としてしまった事。低い所だったので、傷などはなかったものの、一緒に運んでくれた男性社員さんが困っておられたのと、その店員さんが私にその事で少し言ってしまって悪かったかな…と反省してたよ、と後で聞き、こちらこそ申し訳ないと恐縮したのは言うまでもない。
何も出来なかった自分に良くしてくれたあのアルバイトに改めて感謝です。