バイト 面倒

バイトが面倒

大学に入ると、長年働いていたリサイクルショップのアルバイトを辞めました。
時給が低いことが兼ねての不満だったので、大学生になったらもっと給与が高いバイト先を見つけてやると心に決めていました。
しかし、初めてのレポートやサークル選びでドタバタしている内に夏休みに入り、いつしかアルバイト先を探すことを辞めていました。
それからはずっと貧乏していたように思います。
気まぐれで派遣に登録して工場の辛い軽作業やチラシ配りをしたり、学内のイベントでちょっとした小遣い稼ぎをする程度で、大学生であるにも関わらず年収5万?10万円くらいだったと思います。
そんなことで生活できるのかというと、案の定生活はできなかったです。
外食もなるべく控えましたし、旅行やテーマパークのお誘いは断り、オシャレにも無頓着なフリをしました。
できるだけ働きたくなかったからです。
しかし、滅多にしないアルバイトをしてお金をもらえると、例えそれが五千円でももう感動的でした。
そういうときこそお金のありがたみがわかるものです、と調子のいいことを言っておきます。