試験監督アルバイト 大学生

試験監督のアルバイト

大学生の時、自分の大学の入試の試験監督のアルバイトを3回やりました。
初めての時は、大学2年の時。ついこの間まで受験する立場だったので、違う視点から受験に関わる事が出来て非常に貴重な機会でした。
当たり前ですが、受験生は人生を決める一大イベントですので、試験官に粗相があってはいけません。
冬の時期ですので暖房が受験会場にも入っていますが、暑くなりすぎて集中力を妨げない様、ベストのコンディションにする気遣いも必要でした。
不正防止のため、試験官は受験会場内をウロウロして目を光らせる必要がありますが、一方でやりすぎると受験生の集中力を削いでしまうので、静かにゆっくり回る必要があります。
そういった雰囲気の中でこのバイトをやって一番良かったと思うのが、私自身もこの入試が終わると自分の定期試験があるので、初心を思い出して緊張感を持って定期試験の勉強が出来たことです。不思議なことに夏休み前の前期試験では赤点を数回取って再試験を受けましたが、入試後の2月の後期試験では4年間で一度も赤点がありませんでした。初心を忘れるべからず、ですね。

 

試験監督のアルバイト探しはこちら
http://ikiru-yukisaori.net/